NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]の特別展「多層世界の中のもう一つのミュージアム——ハイパーICCへようこそ」の一環として、ICCのある初台の一街区の3Dスキャンを行い、仮想空間における新しい建築の可能性を探求しました。
取得した点群データはゲームエンジンによって「ヴァーチュアル初台」として再構成されます。そこは、訪問者の視界によってリアルタイムに切り取られる抽象化された点群の世界ですが、実際に現地で録音された環境音を付加しサウンドスケープの3次元記述を行ったり、インタラクティブに呼応する点群の動きを与えたりすることで、新しい空間の認知・記述の拡張・増幅のあり方を試みています。

Virtual Hatsudai 画像
Virtual Hatsudai 画像

特設サイト

「多層世界の中のもうひとつのミュージアム——ハイパーICCへようこそ」

共同キュレーター:谷口暁彦、時里充
ヴァーチュアル初台、ハイパーICC 監修:豊田啓介(noiz)
ヴァーチュアル初台、ハイパーICC 制作:noiz、中村将達
3Dデータ計測、制作:gluon
Webサイト制作:UNIBA INC.

主催:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] (東日本電信電話株式会社)