スキャンしたデータや、既存の図面やBIMデータなど異なる様式のデータを変換・統合し、プラットフォーム化。汎用データを活用し、自律走行やAR/VR、案内システムなど、各々の業態でサービスを提供する事業者の開発を後押しします。

Realizing Common Ground 画像

コモングラウンドの構築にあたり、物理環境の3D記述の基本プラットフォームにはゲームエンジンを活用。ゲームエンジンは拡張性が高いうえに、環境の認識や多様なエージェントの個別活動やパス生成に適しており、同じ環境で同時に複数のエージェントの最適化します。またドアやエレベーターなど、環境側へのセンサーやアクチュエーターの設置も組み合わせることで、デジタルエージェントを実空間のインタラクションを可能にします。

Realizing Common Ground 画像

Related Projects

関連するプロジェクト

Realizing Common Ground 画像

コモングラウンド・リビングラボ

人とロボットが共通認識を持つ未来社会の実現に向けて、異業種企業が集まる世界初の実験場「コモングラウンド・リビングラボ」が大阪にオープン。領域の異なる企業が互いの枠組みを越えて、コモングラウンドの概念実証と技術開発を進めています。
gluonはコアメンバーとして運営委員会に参画しており、豊田はラボのディレクターを務めています。
今後もコモングラウンドを活用した研究開発を進め、実験データの収集と分析を通じて、2025年の大阪・関西万博、そして、その後の都市での実装に繋げていきます。