実空間に存在するさまざまなものを3Dデジタルデータとして記述。複数のスキャン技術を組み合わせ、ミリ単位のオブジェクトから、メートル、キロメートル単位の建築・都市まで、あらゆるスケールで対象物をデジタル化します。
デジタル空間とフィジカル空間の接続は、接点(Connecting Point)から接面(Interface)、そして接空間(Interspace)へ。gluonは、コモングラウンドを通してInterspaceを社会に実装します。

3D Scan & High Dimension Modeling

スキャニングと高次元モデリングの融合

土木や測量分野で活用されるレーザースキャンや、写真の質感まで再現できるフォトグラメトリ技術、広域や上空からの撮影を行うドローンによる測量など複数のスキャン技術やメタデータを組み合わせることで、目的に沿った仕様やLoDで3Dデータを作成します。

Digitalization of architecture and cities 画像

Use Case

ユースケース

Digitalization of architecture and cities 画像

デジタル化した建築・都市空間データは、スマートシティ領域での活用だけでなく、ARやVR、実空間を舞台にしたゲームなどのエンターテインメント領域での活用、文化財や重要な建造物を保存するデジタルアーカイブとしての活用など、様々な利用機会を提供します。

Related Projects

関連するプロジェクト

Digitalization of architecture and cities 画像

3D Digital Archive
– Miyakonojo Civic Center

旧都城市民会館3Dデジタルアーカイブ

Digitalization of architecture and cities 画像

3D Digitalization of TOHO Studio with Bandai Namco Research Inc.

バンダイナムコ研究所との共創による東宝スタジオの3Dデジタル化

Digitalization of architecture and cities 画像

FLOWER4U